• ヘルプ:デフォルト Web メーラーのよくある質問 (FAQ)

    質問一覧

    デフォルト Web メーラー とは?

    デフォルト Web メーラー は Gmail や Hotmail, Yahoo!メールなど 20 種類以上の Web メールを「既定の電子メール プログラム」に設定することができるユーティリティツールです。

    ※ 「既定の電子メール プログラム」は標準メーラーやデフォルトメーラーなどとも呼ばれます。

    Windows のデフォルトの設定では、メールアドレスをクリックすると Outlook ExpressWindows メールなど、パソコンにインストールされているメールクライアントが自動的に起動します。また Windows 7 ではメールクライアントがインストールされていないため、次のようなメッセージダイアログが表示されます。

    メールアドレスクリック時に表示されるダイアログ (Windows 7)

    デフォルト Web メーラー で Web メールを「既定の電子メール プログラム」に設定すると、メールアドレスをクリックした際に任意の Web ブラウザーで Web メールの新規作成画面 (ページ) が表示されるようになります。パソコンにインストールされているメールクライアントの代わりに普段から Web メールを利用しているような場合に効果的です。

    ※ デフォルト Web メーラー がサポートする Web メールの一覧については対応 Web メールサービス一覧を参照ください。

    デフォルト Web メーラー 起動時にエラーが発生する

    デフォルト Web メーラー の動作に必要な .NET Framework 2.0 以降がインストールされていない場合、デフォルト Web メーラー を起動しようとすると次のようなエラーメッセージが表示され起動に失敗します。

    • アプリケーション エラー (Windows XP)
    • DLL が見つかりません (Windows 2000)
    • プログラム開始エラー (Windows 98 (SE), Me)
    • .NET Framework Initialization Error (.NET Framework 1.0/1.1)
    • .NET Framework の初期化エラー (.NET Framework 1.1 & 日本語言語パック)

    ご利用の環境に合った .NET Framework のバージョンを、Windows にインストールすることで問題が解決されます。

    Windows 98 (SE), Me
    .NET Framework 2.0 をインストール
    Windows 2000
    .NET Framework 2.0 Service Pack 2 をインストール
    Windows XP (Server 2003 R2)
    .NET Framework 3.5 Service Pack 1 をインストール
    Windows Vista (Server 2008), 7 (Server 2008 R2)
    .NET Framework は標準でインストール済み

    設定した Web メールや Web ブラウザーが有効にならない

    デフォルト Web メーラー は Windows のメールリンク (mailto プロトコル) の関連付けを変更することで、Web メールを「既定の電子メール プログラム」として設定しています。

    既定のプログラム - 関連付けを設定する - MAILTO

    そのため次のような場合はデフォルト Web メーラーの設定は有効になりません。

    • mailto プロトコルの関連付けを参照していない (メール送信機能やメール添付機能など)
    • アプリケーション側で mailto プロトコルの関連付けを上書きしている (Firefox や Opera, ブラウザー拡張など)
    • アプリケーションから起動される Web メールや Web ブラウザーが固定されている
      • Google 製のアプリケーションでは、メール機能が Gmail に固定されている場合がある
      • Microsoft 製のアプリケーションでは、ブラウザーが Internet Explorer に固定されている場合がある

    Firefox で設定した Web メールが有効にならない

    Firefox の設定を変更して mailto プロトコルの関連付けを参照するようにします。

    1. [Firefox] ボタン (or [ツール] メニュー) – [オプション] をクリック
    2. [プログラム] タブ – [mailto] – [Default WebMailer を使用 (標準設定)] を選択
    3. [OK] ボタンをクリック

    Firefox オプション - プログラム - mailto

    ※ mailto リンクの処理を上書きする Firefox アドオン (Mailfrom など) がインストールされている場合は、無効化するか削除する必要があります。

    Opera で設定した Web メールが有効にならない

    Opera の設定を変更して mailto プロトコルの関連付けを参照するようにします。

    1. [Opera] メニュー – [設定] – [設定] をクリック
    2. [詳細設定] タブ – [プログラム] – “mailto” プロトコルを選択して [編集] ボタンをクリック
    3. [標準のアプリケーションで開く] をチェックして [OK] ボタンをクリック

    Opera 詳細設定 - プログラム - mailto

    Opera 詳細設定 - プロトコル - mailto

    ※ メールリンククリック時に次のようなダイアログが表示された場合は [システムのデフォルトを使用] をチェックして [OK] ボタンをクリックします。

    Opera メールクライアントの選択

    Google Chrome で設定した Web メールが有効にならない

    mailto リンクの処理を上書きする Google Chrome の拡張機能 (Mailto: など) がインストールされている場合は、無効にするか削除する必要があります。

    Internet Explorer でメールリンクをクリックすると警告が表示される

    Windows Vista 以降でユーザーアカウント制御 (UAC) が有効な場合、Internet Explorer でメールリンクをクリックすると次のような警告ダイアログが表示されます。

    Internet Explorer セキュリティ

    これは Internet Explorer から外部のアプリケーション (デフォルト Web メーラー) が実行されるためです。[今後、このプログラムに関する警告を表示しない] をチェックして [許可する] ボタンをクリックしてください。

    Safari で Web メールをウィンドウではなくタブに表示するには

    Safari でメールリンクをクリックすると、デフォルトでは Web メールは新規ウィンドウに表示されます。新規ウィンドウではなく新規タブに表示されるようにするには、Safari の設定を次のように変更します。

    1. Safari の設定ボタン (右上にある歯車アイコン) – [設定] をクリック
    2. [タブ] タブ – [ウインドウの代わりにタブでページを開く] で [自動] を選択

    Safari 設定 - タブ - ウインドウの代わりにタブでページを開く

    Gmail が毎回「一時的なエラー (404)」となる

    デフォルト Web メーラーで選択した Web メールが [Gmail (Google メール)] で、かつ Gmail の表示モードが標準 HTML 形式ではなく簡易 HTML 形式の場合、メールリンクをクリックすると次のようなエラーページが表示されます。

    Gmail 一時的なエラー (404)

    デフォルト Web メーラーで [Gmail (Google メール, 簡易 HTML 形式)] を選択するか、Gmail の表示モードを標準 HTML 形式に切り替える必要があります。

    FastMail で毎回ログインが要求される

    FastMail ログイン時に [Regular] がチェックされていると、FastMail にアクセスするたびにログインが必要となります。FastMail アクセス時に自動ログインされるようにするには [Long term (auto login)] をチェックします。

    FastMail ログインフォーム

    Post Tagged with

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。