• TracJa インストールガイド 0.12 を更新しました

    Trac

    TracJa インストールガイド 0.12 を最新の状態に更新しました。変更内容は以下の通り。

    • さくらのレンタルサーバ Python バージョンアップに追従 (s/2.6/2.7/g)
    • TracAccountManager 0.4dev-r10396 以降のオプション名の変更を反映 (s/password_file/htpasswd_file/)

    変更1: さくらのレンタルサーバ Python バージョンアップ

    数日前から Trac が “500 Internal Server Error” 状態であることに気付く。最近サーバーをいじっていないので全く心当たりがない。色々と原因を探っていたら Python 環境が何やらおかしなことになってる…。

    %python
    Could not find platform independent libraries <prefix>
    Could not find platform dependent libraries <exec_prefix>
    Consider setting $PYTHONHOME to <prefix>[:<exec_prefix>]
    'import site' failed; use -v for traceback
    Python 2.6.2 (r262:71600, Jun 17 2009, 12:25:19)
    [GCC 4.2.1 20070719  [FreeBSD]] on freebsd7
    Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
    >>>
    

    エラーメッセージからはサーバー上に構築した Virtual Python が壊れている印象を受ける。まさか勝手に Python がバージョンアップされるなんてことは…と思い、さくらインターネット公式サポートサイトを確認してみたら、案の定さくらのレンタルサーバ Pythonバージョンアップのお知らせを発見。

      ■概要
        Pythonのセキュリティアップデート
    
      ■対象サービス
        さくらのレンタルサーバ
        さくらのマネージドサーバ(Xeon/Core i5プランを除く)
    
      ■実施日
        2012年 1月11日、1月12日
      
      ■内容
        Python 2.7 系へバージョンを更新いたしました。
    

    実施日から Python のバージョンアップが原因だと確信。Virtual Python を Python 2.7 で作り直したら、無事 Trac も表示されるようになり一安心。けれど Python 2.6 から 2.7 へのバージョンアップをセキュリティアップデートと呼び、事前にお知らせすることなく実施してしまうのは問題だと思う。実際 Trac に限らず Python ベースのソフトウェアに影響が出たという報告もちらほら。

    変更2: TracAccountManager のオプション名

    お問い合わせフォームから次のような情報提供をいただきました。(ありがとうございます)

    TracJaインストールガイドを参考にTracを構築させていただきました。

    Trac構築の際にAccountManagerのバージョンが新しくなっていたため、ログインができないという問題が発生いたしました。

    trac.ini ファイルに以下の記述のpassword_fileをhtpasswd_fileに変更すると動くようになるようです。

    [account-manager]
    password_format = htpasswd
    password_store = HtPasswdStore
    password_file = /home/[username]/var/trac/project/conf/trac.htpasswd
    

    attosoftさんのサイトのおかげで無事構築できました。ありがとうございました。

    調査してみると TracAccountManager 0.4dev-r10396 以降のバージョンでは password_file オプション名が htpasswd_file に変更された模様。(changeset:10396)

    ということで trac.ini では password_file を htpasswd_file に書き換える必要あり。不用意にバージョンアップするとログインできなくなるため注意が必要。

    -password_file = /home/[username]/var/trac/project/conf/trac.htpasswd
    +htpasswd_file = /home/[username]/var/trac/project/conf/trac.htpasswd
    

    TracAccountManager には以前もコンポーネント名がいつの間にか変更されていた前科がある。このプラグインの作者は動作に影響のある変更を周知してくれないようなので今後も注意が必要。

    Post Tagged with ,

One Responseso far.

  1. […] 久々に開こうと思ったらTrac動いてなくて、こちらの情報にたどり着きました。
    TracJa インストールガイド 0.12 を更新しました
    年明け何も変更してないしなーとは思っていたけど、まさかPythonアップデートされていたとは。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。