• Tips: Win高速化 のウィンドウサイズの変更

    Win高速化 では、ウィンドウサイズを変更 (リサイズ) することで、解説ブラウザーの領域を広げ、解説文をより読みやすくすることができます。

    Win高速化 - ウィンドウリサイズ

    ウィンドウサイズを変更するには、次のような操作を行います。

    • ウィンドウ枠のドラッグ&ドロップ
    • ウィンドウ右下隅のリサイズハンドルのドラッグ&ドロップ
    • システムメニュー – [サイズ変更] を選択 – 矢印キー (↑→↓←)

    ※ システムメニューはプログラムアイコンのクリック、タイトルバーの右クリック、タスクバーボタンの右クリックで表示されます。


    ここではリサイズハンドルを用いたウィンドウリサイズについて説明します。

    Win高速化 - リサイズハンドル

    Win高速化 のデフォルトのウィンドウサイズでは、解説ブラウザーの領域内に画像が収まらず見にくい場合があります。


    ウィンドウ右下隅のリサイズハンドルをドラッグして、画像全体が表示されるようにウィンドウサイズを変更します。

    Win高速化 - ウィンドウサイズの拡大


    参考までに、Win高速化 を最小サイズまで縮小すると次のように表示されます。

    Win高速化 - 最小サイズ

    ウィンドウサイズの縮小によってカテゴリパネルに必要な領域が確保できなくなると、カテゴリパネルにスクロールバーが表示されるようになります。

    関連情報

    Post Tagged with

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。