• Tips: Windows の「システムの復元」を有効にする

    Windows に標準搭載されている「システムの復元」を有効にする方法について説明します。

    「システムの復元」は Windows Me, XP, Vista, 7 に搭載されています。

    Windows 7

    「システムの復元」が無効な場合に「システムの復元」を起動しようとすると、次のようなダイアログが表示されます。

    システムの復元 (無効, Windows 7)

    [システムの復元を有効または無効にする] リンクをクリックすると、次のようなヘルプが表示されます。

    Windows ヘルプとサポート - システムの復元をオンまたはオフにする

    [特定のディスクに対してシステムの保護をオンにする] リンクをクリックして内容を展開し、「クリックして、[システム] を開きます。」からコントロールパネルの「システム」を開きます。

    システムのプロパティ (Windows 7)

    [システムの保護] をクリックすると [システムのプロパティ] ダイアログの [システムの保護] タブが表示されます。

    システムのプロパティ - [システムの保護] タブ (Windows 7)

    システムドライブ (C:) を選択して [構成] ボタンをクリックします。

    システムの保護対象 (Windows 7)

    [システム設定とファイルの以前のバージョンを復元する] を選択して [OK] ボタンをクリックします。

    Windows Vista

    「システムの復元」が無効な場合に「システムの復元」を起動しようとすると、次のようなダイアログが表示されます。

    システムの復元 (無効, Windows Vista)

    [システムの保護を開いてください。] リンクをクリックすると [システムのプロパティ] ダイアログの [システムの保護] タブが表示されます。

    システムのプロパティ - [システムの保護] タブ (Windows Vista)

    システムドライブ (C:) をチェックして [OK] ボタンをクリックします。

    Windows XP

    「システムの復元」が無効な場合に「システムの復元」を起動しようとすると、次のようなダイアログが表示されます。

    システムの復元 (無効, Windows XP)

    [はい] ボタンをクリックすると [システムのプロパティ] ダイアログの [システムの復元] タブが表示されます。

    システムのプロパティ - [システムの復元] タブ (単数ドライブ, Windows XP)

    [システムの復元を無効にする] のチェックをはずして [OK] ボタンをクリックします。

    ※ コンピューターに複数のハードディスクが接続されている場合は [すべてのドライブでシステムの復元を無効にする] のチェックをはずして [OK] ボタンをクリックします。

    システムのプロパティ - [システムの復元] タブ (複数ドライブ, Windows XP)

    Windows Me

    「システムの復元」が無効な場合に「システムの復元」を起動しようとすると、次のようなダイアログが表示されます。

    システムの復元 (無効, Windows Me)

    [システムの復元] ダイアログのメッセージに従って「システムの復元」を有効にします。

    1. [OK] ボタンをクリックして [システムの復元] ダイアログを閉じる
    2. コントロールパネルから [システムのプロパティ] ダイアログを開く
    3. [パフォーマンス] タブを選択して [ファイル システム] ボタンをクリックする
    4. [トラブルシューティング] タブを選択する
    5. [システムを復元しない] のチェックをはずして [OK] ボタンをクリックする

    システムのプロパティ - [パフォーマンス] タブ (Windows Me)

    ファイル システムのプロパティ - [トラブルシューティング] タブ (Windows Me)

    関連リンク

    Post Tagged with

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。