single ショートコード

single ショートコードプラグイン

目次

概要

タグで指定した箇所を投稿の抜粋表示から省くことができるショートコード。[single] タグで囲まれた内容は、投稿が個別表示されている場合のみ出力される。次のような項目を投稿の抜粋から省きたい場合に役立つ。

  • 投稿の要約には適さない目次や注釈などの記述
  • 抜粋時にリンク切れとなる相対パスのリンク

このプラグインをインストールすると、以下のショートコードが利用できるようになる。

[single] ショートコード
個別記事が表示されている場合のみ内容を出力する
[excerpt] ショートコード
抜粋が表示されている場合のみ内容を出力する

使い方

抜粋には出力したくない内容を [single] タグで囲む。

[single] ... [/single]
[single]
 ...
[/single]

逆に抜粋には出力するが個別記事には出力したくない内容は [excerpt] タグで囲む。

[excerpt] ... [/excerpt]
[excerpt]
 ...
[/excerpt]

ダウンロード

バージョン
0.1.1 (2011-08-30)
作成者
attosoft
ライセンス
GPL 2.0 (日本語参考訳)
必須バージョン
WordPress 2.5 以上
対応する最新バージョン
WordPress 3.2.1

更新履歴

記述例

[single] タグを用いて次のようなコードを記述した場合、

<p>段落1</p>

[single]
<h5>目次</h5>
<ul>
    <li><a href="#item1">項目1</a></li>
    <li><a href="#item2">項目2</a></li>
    <li><a href="#item3">項目3</a></li>
</ul>
[/single]

<p>段落2</p>

抜粋では次のように表示される。(目次が省略される)

段落1

段落2

そして個別記事では次のように表示される。(目次が出力される)

段落1

目次

段落2

FAQ

抜粋はどのような場所に表示される?

  • ブログホームページ (最新の投稿)
  • アーカイブ、カテゴリー、タグページ
  • ブログの検索結果ページ
  • 投稿フィード (RSS/Atom)

※ 詳細は用語集を参照。

サポートする?

いただいたコメントは大変参考になります。ここまで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. WordPress: 抜粋時は内容を出力しない single ショートコード (PHP スクリプト)
  2. single ショートコードプラグイン version 0.1 公開
  3. まとめ:WordPress に標準登録されている 4 つのショートコード

コメント

  1. attosoft より:
    version 0.1.1
    [excerpt] ショートコード:検索結果や投稿フィード (RSS/Atom) にも内容を出力する
    • attosoft より:
      version 0.1.1
      [excerpt] shortcode also outputs content in search results and posts feed (RSS/Atom)