• [Esc] キーと [半角/全角] キーを入れ替える

    基本情報

    設定項目名
    [Esc] キーと [半角/全角] キーを入れ替える
    カテゴリ
    その他
    対応プラットフォーム
    Windows
    搭載バージョン
    Win高速化 version 1.1

    ※ このページは Windows 高速化ツール Win高速化 に搭載されている設定項目の解説文になります。この設定項目を利用するには Win高速化 のインストールが必要となります。

    概要

    キーボードの [Esc] キーと [半角/全角] キーの位置を入れ替えます。IME の日本語入力のオン/オフを [半角/全角] キー以外のキーに割り当てている環境では [半角/全角] キーが不要となるため、多くの場面で活用される [Esc] キーの入力効率の改善につながります。

    詳細

    標準的なキーボードでは [Esc] キーは最上段 (ファンクションキーの段) の左端に配置されています。ホームポジションから大きく離れているため、人間工学的にかなり押しにくい位置にあるといえます。ですが [Esc] キーは非常に多くの場面で活用されます。たとえば現在の作業/操作を取り消す、編集結果を反映せずに入力をキャンセル、(保存せずに) 終了、ダイアログを閉じる、範囲選択をクリア、メニューを 1 階層閉じる、検索やページ読み込みなど時間のかかる処理を途中で中止する、といった場面で利用されます。

    一方 [Esc] キーの下 ([1] キーの左隣) には [半角/全角] キーが配置されています。[半角/全角] キー (Windows や IME のバージョンが古い場合は [Alt] + [半角/全角] キー) を押すと IME の日本語入力のオン/オフが切り替わります。[半角/全角] キーは [Esc] キーよりは押しやすい位置にありますが、それでも頻繁に利用するにはやや押しにくい位置にあります。そのため IME の設定を変更して日本語入力のオン/オフを他のキーに割り当てているユーザーも少なくありません。

    ※ 一般的に利用される設定では日本語入力のオン/オフは [変換] キーや [カタカナ ひらがな] キーに割り当てられます。やや押しにくい位置にある [半角/全角] キーと比べると、[変換] キーや [カタカナ ひらがな] キーは親指ですばやく押すことができます。さらに効果的な設定として日本語入力のオン/オフを別々のキーに割り当てる方法があります。日本語入力オンを [変換] キーに、日本語入力オフを [無変換] キーに割り当てる設定が一般的です。現在の入力モードを気にする必要がなくなるため快適な文字入力につながります。たとえば日本語入力オンだと思って入力したら英数字だった、ということがなくなります。

    日本語キーボードのキー配列

    この設定を有効にすると、キーボードの [Esc] キーと [半角/全角] キーの位置が入れ替わります。[Esc] キーを押すと [半角/全角] キーが、[半角/全角] キーを押すと [Esc] キーが押されたと認識されるようになります。IME の日本語入力のオン/オフを [半角/全角] キー以外のキーに割り当てている環境では [半角/全角] キーが不要となるため、多くの場面で活用される [Esc] キーの入力効率の改善につながります。

    ※ [Esc] キーや [半角/全角] キーが頻繁に利用される一方で、[半角/全角] キーを押そうとした際に誤って [Esc] キーが押されることも少なくありません。そのため編集中のデータ消失といった深刻なトラブルの原因になることもあります。IME の日本語入力のオン/オフを [半角/全角] キー以外のキーに割り当てると、[Esc] キーと [半角/全角] キーが位置的に離れるため [Esc] キーの誤操作防止につながります。

    スクリーンショット

    参考までに、設定変更前と後のキーボードは次のようなキー配列になります。[Esc] キーと [半角/全角] キーの位置が入れ替わります。

    設定変更前

    キー配列 (設定変更前)

    設定変更後

    キー配列 (設定変更後)

    [Esc] キーの歴史的経緯

    コンピューター初期、[Esc] キーは [1] キーの左隣 (現在の [半角/全角] キーの位置) に配置されていました。そのため多くのアプリケーションが [Esc] キーを活用するようになり、結果として UNIX (Linux) や Macintosh 環境では [Esc] キーによる操作が定着していきました。特に EmacsVim などの一部の UNIX (Linux) 系のツールでは [Esc] キーによるモード切り替え操作は必須となっています。また一太郎に搭載されている ESC メニューは便利な機能として支持されています。

    しかしながら Windows の普及と併せて [Esc] キーが最上段 (ファンクションキーの段) にあるキーボードが主流となりました。ですが頻繁に利用される [Esc] キーがホームポジションから離れ、押しにくい位置に移ったことは、依然として相当数のユーザーが不満に感じています。そのため一部のキーボード (Happy Hacking Keyboard など) では、現在も [1] キーの左隣に [Esc] キーが配置されています。また各種キーの位置がハードウェア/ソフトウェア的に簡単に切り替え可能になっている場合もあります。

    [Esc] キーを用いたキーボード ショートカット

    Windows で一般的な [Esc] キーを用いた主なショートカットキーを紹介します。

    操作 ショートカットキー 備考
    [スタート] メニューを開く Ctrl + Esc Windows キーがないキーボードなどで利用される
    Windows タスクマネージャーを開く Ctrl + Shift + Esc 単独 Delete キーのないコンパクトキーボードなどで利用される
    アクティブウィンドウの切り替え Alt + Esc Alt + Tab キーと異なりウィンドウ一覧は表示されない
    アクティブウィンドウの切り替え (逆順) Alt + Shift + Esc Alt + Shift + Tab キーと異なりウィンドウ一覧は表示されない

    ※ その他のショートカットキーについては以下のページを参照してください。

    参考リンク


    Keyboard Keys Images is licensed under Creative Commons License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。