• デスクトップのショートカットから直接シャットダウンする

    設定項目名
    デスクトップのショートカットから直接シャットダウンする
    カテゴリ
    起動・終了
    対応プラットフォーム
    Windows
    搭載バージョン
    Win高速化 version 1.0

    ※ このページは Windows 高速化ツール Win高速化 に搭載されている設定項目の解説文になります。この設定項目を利用するには Win高速化 のインストールが必要となります。

    概要

    Windows をシャットダウンするショートカットデスクトップに作成します。デスクトップのショートカットから直接シャットダウンできるようになるため、シャットダウンのためにスタートメニューを開いたりダイアログを操作したりする必要がなくなります。

    詳細

    一般的に Windows をシャットダウンするにはスタートメニューを開く必要があります。たとえば Windows Vista ではスタートメニューのメニューボタンを押して [シャットダウン] を選択します。

    スタートメニュー - シャットダウン (Windows Vista)

    また Vista より前の Windows (98, Me, 2000, XP など) や Server 系の Windows (Server 2003, Server 2008 など) では、スタートメニューを開いてシャットダウンを実行した後に、さらにダイアログを操作してシャットダウンを選択する必要があります。たとえば Windows XP ではスタートメニューの [終了オプション] を実行した後に、さらに [コンピュータの電源を切る] ダイアログで [電源を切る] を選択します。

    [コンピュータの電源を切る] ダイアログ (Windows XP)

    この設定を有効にすると、Windows をシャットダウンするショートカットファイルがデスクトップに作成されます。このショートカットを実行すると、開いているプログラムをすべて閉じ、Windows をシャットダウンしてからコンピューターの電源が切られます。デスクトップに配置されたショートカットから直接Windows をシャットダウンできるようになるため、シャットダウンのためにスタートメニューを開いたりダイアログを操作したりする必要がなくなります。

    シャットダウンのショートカット

    Windows をシャットダウンするショートカットは Windows のバージョンによって異なります。この設定を有効にすると次のようなショートカットファイルがデスクトップに作成されます。

    Windows Vista, Server 2008, 7

    ショートカット - シャットダウン (Windows Vista)

    Windows XP

    ショートカット - 電源を切る (Windows XP)

    Windows Server 2003

    ショートカット - シャットダウン (Windows Server 2003)

    Windows 2000

    ショートカット - シャットダウン (Windows 2000)

    Windows 98, 98 SE, Me

    ショートカット - Windows の終了 (Windows Me)

    ショートカットのプロパティ

    ショートカットファイルのプロパティからショートカットキーの設定やファイルアイコンの変更などを行うことができます。

    ショートカット - シャットダウンのプロパティ

    ※ ファイルのプロパティを表示するにはファイルのショートカットメニュー (右クリックで表示されるメニュー) から [プロパティ] を選択します。

    ショートカットキーの設定

    ショートカットキーを設定するとキー操作だけでショートカットを実行できるようになります。ショートカットキーを設定するには、ショートカットキーの入力欄にフォーカスを移した状態でショートカットキーにしたいキー操作を入力します。

    たとえば Windows を [Ctrl] + [Shift] + [Alt] + [F4] キーを同時に押してシャットダウンさせるショートカットキーの設定は次のようになります。

    ショートカット - シャットダウンのプロパティ - ショートカットキー

    ファイルアイコンの変更

    この設定を有効にした場合に作成されるショートカットファイルには Windows のバージョンに応じたシャットダウンのアイコンが設定されます。ほかのアイコンを指定したい場合は、プロパティダイアログの [アイコンの変更] から変更することができます。

    ショートカット - シャットダウンのプロパティ - アイコンの変更

    シャットダウンツール

    この設定では Windows に標準で付属しているシャットダウンツールが利用されますが、Windows 2000 には標準でシャットダウンツールが用意されていません。そのためシャットダウンツール (shutdown.exe) が含まれる Windows 2000 リソースキットをインストールする必要があります。

    Windows 2000 リソースキットが入手できない場合は、代替方法として Windows NT 4.0 リソースキットを利用できる場合があります。

    Windows のシャットダウン方法

    Windows ではスタートメニューからシャットダウンを実行するのが一般的です。スタートメニューから Windows をシャットダウンする方法は Windows のバージョンによって次のように異なります。

    Windows 7

    スタートメニューの [シャットダウン] ボタンを実行します。

    スタートメニュー - シャットダウン (Windows 7)

    Windows Vista

    スタートメニューのメニューボタンを押して [シャットダウン] を選択します。

    スタートメニュー - シャットダウン (Windows Vista)

    Windows Server 2008

    スタートメニューのメニューボタンを押して [シャットダウン] を選択します。

    スタートメニュー - シャットダウン (Windows Server 2008)

    [Windows のシャットダウン] ダイアログが表示されます。コンピューターをシャットダウンする理由をオプション欄またはコメント欄で指定して [OK] ボタンを押します。

    [Windows のシャットダウン] ダイアログ (Windows Server 2008)

    Windows XP

    スタートメニューの [終了オプション] を実行します。

    スタートメニュー - 終了オプション (Windows XP)

    [コンピュータの電源を切る] ダイアログが表示されます。この画面で [電源を切る] ボタンを押します。

    [コンピュータの電源を切る] ダイアログ (Windows XP)

    Windows Server 2003

    スタートメニューの [シャットダウン] を実行します。

    スタートメニュー - シャットダウン (Windows Server 2003)

    [Windows のシャットダウン] ダイアログが表示されます。[シャットダウン] を選択し、コンピューターをシャットダウンする理由をオプション欄またはコメント欄で指定して [OK] ボタンを押します。

    [Windows のシャットダウン] ダイアログ (Windows Server 2003)

    Windows 2000

    スタートメニューの [シャットダウン] を実行します。

    スタートメニュー - シャットダウン (Windows 2000)

    [Windows のシャットダウン] ダイアログが表示されます。[シャットダウン] を選択して [OK] ボタンを押します。

    [Windows のシャットダウン] ダイアログ (Windows 2000)

    Windows Me

    スタートメニューの [Windows の終了] を実行します。

    スタートメニュー - Windows の終了 (Windows Me)

    [Windows の終了] ダイアログが表示されます。[終了] を選択して [OK] ボタンを押します。

    [Windows の終了] ダイアログ (Windows Me)

    Windows 98, 98 SE

    スタートメニューの [Windows の終了] を実行します。

    スタートメニュー - Windows の終了 (Windows 98 SE)

    [Windows の終了] ダイアログが表示されます。[電源を切れる状態にする] を選択して [OK] ボタンを押します。

    [Windows の終了] ダイアログ (Windows 98 SE)

    参考リンク

関連記事

  1. Windows 終了時に応答のないプログラムを自動的に強制終了する
  2. スタートメニューの電源ボタンの動作をシャットダウンに変更する
  3. 右クリックメニューに「メモ帳で開く」を追加する
  4. シャットダウン時にページングファイルや休止ファイルを消去しない
  5. Windows 終了時にサービスが停止するまでの待ち時間を短くする

コメント