• 右クリック時に表示される「送る」メニューに「送る」を追加する

    基本情報

    設定項目名
    右クリック時に表示される「送る」メニューに「送る」を追加する
    カテゴリ
    エクスプローラー
    対応プラットフォーム
    Windows
    搭載バージョン
    Win高速化 version 1.1

    ※ このページは Windows 高速化ツール Win高速化 に搭載されている設定項目の解説文になります。この設定項目を利用するには Win高速化 のインストールが必要となります。

    概要

    ファイルやフォルダーの右クリック時に表示される「送る」メニュー内にメニュー項目「送る」を追加します。「送る」メニュー内の「送る」を利用すると、任意のファイルを「送る」メニューの項目として簡単に追加することができます。

    詳細

    Windows ではファイルやフォルダーの右クリック時に表示されるショートカットメニュー (コンテキストメニュー) に「送る」という項目があります。この「送る」メニューを利用すると右クリックの対象となるファイルやフォルダーを特定のアプリケーションやフォルダーなどに簡単に送ることができます。たとえば「送る」メニューから次のような作業を行うことができます。

    • ファイルやフォルダーのショートカットをデスクトッに作成する
    • ファイルやフォルダーをマイドキュメント (ドキュメント) にコピーする
    • ファイルが添付されたメールを新規作成する
    • ファイルやフォルダーを ZIP 形式で圧縮 (アーカイブ) する
    • ファイルやフォルダーをフロッピーディスクや CD/DVD, USB メモリに書き込む

    「送る」メニューを展開すると以下の項目からメニュー内容が構築されます。

    • SendTo フォルダー内のファイル (ショートカット、実行ファイル、フォルダーなど)
    • 各種ドライブ (CD/DVD, USB メモリなどのリムーバブルドライブ、ネットワークドライブなど)

    「送る」メニューには SendTo フォルダー内のファイルが表示されるため、SendTo フォルダー内にファイルを追加すると「送る」メニューに項目が追加され、逆に SendTo フォルダー内のファイルを削除すると「送る」メニューから項目が削除されます。

    この設定を有効にすると「送る」メニュー内にメニュー項目「送る」が追加されます。任意のファイルを右クリックして「送る」メニュー内の「送る」を選択すると、そのファイルを「送る」メニューの項目として簡単に追加することができます。これにより「送る」メニューに項目を追加するために SendTo フォルダーを開く必要がなくなります。

    ※ 「送る」メニュー内の「送る」は SendTo フォルダーへのショートカットになっています。ファイルを「送る」と SendTo フォルダーにコピー (Windows 98 では移動) されるため、実行ファイルやフォルダーをそのまま「送る」のではなく、実行ファイルやフォルダーへのショートカットを作成して「送る」必要があります。たとえば任意のファイルをメモ帳で開きたい場合は、メモ帳へのショートカットを「送る」ようにします。

    ※ 「送る」メニューの項目は SendTo フォルダー内のファイル名順に表示されます。そのためファイル名の先頭に数字などを付加することで、「送る」メニューの項目を任意の順序に並べ替えることができます。また SendTo フォルダー内にフォルダーを作成すると、「送る」メニューではサブメニューとして展開されて表示されるため、「送る」メニューの項目数が増えてきた場合に役立ちます。

    スクリーンショット

    参考までに、設定変更後の「送る」メニューは次のようになります。「送る」メニュー内にメニュー項目「送る」が追加されます。

    「送る」メニュー - [送る] (Windows 7)

    ※ 表示されるメニュー内容は右クリックの対象やコンピューター環境などによって異なります。

    SendTo フォルダーへのアクセス

    主要な Windows の SendTo フォルダーのパスは次の通りです。パス中の “[User]” はログオンユーザー名を表します。

    Windows Vista, 7
    C:\Users\[User]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo (AppData は隠しファイル)
    Windows 2000, XP
    C:\Documents and Settings\[User]\SendTo (隠しファイル)
    Windows Me
    C:\WINDOWS\SendTo (隠しファイル)
    Windows 98
    C:\Windows\SendTo

    SendTo フォルダーを簡単に開くには [ファイル名を指定して実行] から sendto または shell:sendto を実行します。

    ファイル名を指定して実行 – sendto (Windows XP)

    ファイル名を指定して実行 - sendto (Windows XP)

    ファイル名を指定して実行 – shell:sendto (Windows 7)

    ファイル名を指定して実行 - shell:sendto (Windows 7)

    ※ Windows Vista, 7 では sendto ではなく shell:sendto を利用する必要があります。sendto を実行すると C:\Users\[User]\SendTo フォルダーへのアクセスが拒否され、次のようなエラーダイアログが表示されます。

    C:\Users\[User]\SendTo フォルダーへのアクセス拒否

    [Shift] キーによる「送る」メニューの拡張

    Windows 7 では [Shift] キーを押しながらファイルやフォルダーを右クリックすると「送る」メニューが拡張されます。拡張された「送る」メニューでは個人用フォルダー (C:\Users\[User]) に含まれるすべての項目 (マイドキュメントやマイピクチャなど) が追加されて表示されます。

    通常の「送る」メニュー

    通常の「送る」メニュー

    拡張された「送る」メニュー ([Shift] キー + 右クリック)

    拡張された「送る」メニュー ([Shift] キー + 右クリック)

    参考リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。