• 作成されるショートカットの名前に「- ショートカット」を付けない

    設定項目名
    作成されるショートカットの名前に「 – ショートカット」を付けない
    カテゴリ
    エクスプローラー
    対応プラットフォーム
    Windows
    搭載バージョン
    Win高速化 version 1.0

    ※ このページは Windows 高速化ツール Win高速化 に搭載されている設定項目の解説文になります。この設定項目を利用するには Win高速化 のインストールが必要となります。

    概要

    作成されるショートカットのファイル名に「 – ショートカット」が付加されないようにします。作成されるショートカットはリンク先のファイルと同じ名前となります。

    詳細

    Windows ではショートカットを作成することで、任意のファイルやフォルダーなどに別の場所から簡単にアクセスできるようになります。このとき作成されるショートカットのファイル名の末尾には、自動的に「 – ショートカット」という文字列が追加されます。

    ※ Windows のバージョンによっては「 へのショートカット」という文字列が追加されます。

    ファイル名を確認して「 – ショートカット」という文字列があれば、ショートカットであることが明らかとなります。ですが次のような理由から「 – ショートカット」部分は不要というユーザーもいると思います。

    • ショートカットかどうかをファイル名で判別していない
      • フォルダーの [並べて表示] や [詳細] で表示されるファイルの種類で判別 (種類が「ショートカット」となる)
    • ファイル名が「 – ショートカット」の分だけ長くなる
      • ファイル操作がしにくくなる場合がある
      • ショートカットが多数存在する場合に見た目がきれいでない

    この設定を有効にすると、作成されるショートカットのファイル名に「 – ショートカット」が付加されないようになります。このとき作成されるショートカットはリンク先のファイル名と同じ名前が付けられます。ショートカットを作成するたびにファイル名を変更して、「 – ショートカット」部分を削除する手間が不要となります。

    スクリーンショット

    参考までに、設定変更前と後でごみ箱のショートカットを作成した場合は次のようになります。

    ごみ箱のショートカット (Windows Vista)

    設定変更前

    「 - ショートカット」のあるショートカット (Windows Vista)

    設定変更後

    「 - ショートカット」のないショートカット (Windows Vista)

    ごみ箱のショートカット (Windows XP)

    設定変更前

    「 へのショートカット」のあるショートカット (Windows XP)

    設定変更後

    「 へのショートカット」のないショートカット (Windows XP)

    ショートカットの作成方法

    Windows では次のような操作でショートカットを作成することができます。

    エクスプローラーの [ファイル] メニュー
    • ファイル/フォルダーを選択 → エクスプローラーの [ファイル] メニュー → [送る] → [デスクトップ (ショートカットを作成)]
    • エクスプローラーの [ファイル] メニュー → [新規作成] → [ショートカット]
    ショートカットメニュー
    • ファイル/フォルダーを右クリック → [ショートカットの作成]
    • ファイル/フォルダーを右クリック → [送る] → [デスクトップ (ショートカットを作成)]
    • ファイル/フォルダーを右クリック → [コピー] → 任意の場所で右クリック → [ショートカットの貼り付け]
    • 任意の場所で右クリック → [新規作成] → [ショートカット]
    ドラッグ&ドロップ
    • [Alt] キーを押しながらファイル/フォルダーをドラッグ&ドロップ
    • [Ctrl] + [Shift] キーを押しながらファイル/フォルダーをドラッグ&ドロップ
    • ファイル/フォルダーを右クリックでドラッグ&ドロップ → [ショートカットをここに作成]
    • エクスプローラーのタイトルバーのアイコンをドラッグ&ドロップ
    • エクスプローラーのアドレスバーのアイコンをドラッグ&ドロップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。