• 右クリックメニューに「新しいウィンドウで開く」を追加する

    基本情報

    設定項目名
    右クリックメニューに「新しいウィンドウで開く」を追加する
    カテゴリ
    エクスプローラー
    対応プラットフォーム
    Windows 98 (SE), Me, 2000, XP, Vista, Server 2003 (R2), Server 2008
    搭載バージョン
    Win高速化 version 1.1

    ※ このページは Windows 高速化ツール Win高速化 に搭載されている設定項目の解説文になります。この設定項目を利用するには Win高速化 のインストールが必要となります。

    概要

    フォルダーを右クリックした際に表示されるショートカットメニューの項目に「新しいウィンドウで開く」を追加します。現在開かれているフォルダーウィンドウとは別の新しいウィンドウでフォルダーを開くことができるため、同じフォルダーを 2 つ並べてファイル操作や比較を行いたい場合などに役立ちます。

    詳細

    コンピューターではマウスで右クリックした際に表示されるショートカットメニューから特定の操作をすばやく行うことができます。たとえばフォルダー選択時のショートカットメニューから [エクスプローラ] を選択すると、選択されたフォルダーをエクスプローラー (フォルダーツリー) 表示で開くことができます。

    この設定を有効にすると、フォルダーを右クリックした際に表示されるショートカットメニューの項目に「新しいウィンドウで開く」が追加されます。「新しいウィンドウで開く」では現在開かれているフォルダーウィンドウとは別の新しいウィンドウで右クリックしたフォルダーが開かれます。そのため現在開いているフォルダーとは別のウィンドウでフォルダーを開きたい場合や、同じフォルダーを 2 つ並べてファイル操作や比較を行いたい場合などに役立ちます。

    ※ Windows エクスプローラーの仕様の違いにより Windows 98 (98 SE) と Me, 2000 以降の Windows とでは「新しいウィンドウで開く」の挙動が若干異なります。「新しいウィンドウで開く」で開かれたウィンドウが既にある場合、Windows 98 (98 SE) ではウィンドウが再利用されますが、Me, 2000 以降の Windows では常に別の新しいウィンドウが開かれます。

    ※ Windows 7 ではフォルダーのショートカットメニューに標準で「新しいウィンドウで開く」が表示されます。

    スクリーンショット

    設定変更後のフォルダーのショートカットメニューは次のようになります。メニュー項目に「新しいウィンドウで開く」が追加されています。

    ※ Windows のバージョンやインストールされているアプリケーションなどによってメニュー内容は異なります。

    ショートカットメニュー – 新しいウィンドウで開く (Windows Vista)

    ショートカットメニュー - 新しいウィンドウで開く (Windows Vista)

    ショートカットメニュー – 新しいウィンドウで開く (Windows XP)

    ショートカットメニュー - 新しいウィンドウで開く (Windows XP)

    「新しいウィンドウで開く」が表示される項目

    フォルダーのショートカットメニューに表示される「新しいウィンドウで開く」ですが、具体的には主に次のような項目を右クリックした際に表示されます。

    • フォルダー (ファイル フォルダー)
    • ドライブ
    • 共有フォルダー (ネットワークドライブ)
    • ドキュメント (マイ ドキュメント)
    • コンピューター (マイ コンピュータ)
    • 特別なフォルダー (システムフォルダー / 特殊フォルダー)
    • スタートボタン
    • スタートメニュー内のフォルダー (Windows Vista 以降)
    • エクスプローラのウィンドウアイコン (Windows XP 以前)

    またこれらの項目へのショートカットファイルやスタートメニュー内に表示されるこれらの項目に対しても「新しいウィンドウで開く」が表示されます。

    ショートカットメニューについて

    ショートカットメニューには共通の基本的な操作や対象となる項目特有の操作のうち、特に頻繁に利用されると思われる項目が表示されます。また一般的には右クリックの対象に応じて異なるメニュー項目が表示されますが、実際にはより多くの要素によってメニュー内容が変わります。たとえば次のような項目が挙げられます。

    • 選択されているファイルの種類
    • 選択範囲 (複数選択かどうか)
    • 右クリックの状況 (タイミングや場所など)
    • 右ドラッグ&ドロップ (マウスの右ボタンによるドラッグ&ドロップ)
    • 拡張メニュー ([Shift] キー + 右クリック)
    • ユーザーアカウントの種類 (管理者権限があるかどうか)

    ※ ショートカットメニューはコンテキスト (文脈・状況) に応じてメニュー内容が変わることからコンテキストメニューとも呼ばれます。また直感的で分かりやすいように右クリックメニューと呼ぶこともあります。

    ※ Windows ではアプリケーションキー (メニューの絵があるキー) によってショートカットメニューを表示することもできます。また一部の対応アプリケーションでは [Shift] + [F10] キーによっても表示されます。

    参考リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。