• Windows Update や自動更新による IE9 の配布をブロックする

    基本情報

    設定項目名
    Windows Update や自動更新による IE9 の配布をブロックする
    カテゴリ
    システム
    対応プラットフォーム
    Windows Vista, 7, Server 2008, Server 2008 R2
    搭載バージョン
    Win高速化 version 1.1
    設定不可となる条件
    Internet Explorer 9 以降がインストールされている

    ※ このページは Windows 高速化ツール Win高速化 に搭載されている設定項目の解説文になります。この設定項目を利用するには Win高速化 のインストールが必要となります。

    概要

    Windows Update (Microsoft Update) や自動更新 による Internet Explorer 9 の自動配布を無期限にブロックします。これにより旧バージョンの Internet Explorer 環境との互換性が十分に検証されるまで Internet Explorer 9 のダウンロードやインストールを保留することができます。

    詳細

    Windows Internet Explorer 9 では高速で快適かつ安全な Web ブラウジング環境を提供するため、UI デザインの簡素化や Web 標準への準拠、Windows 7 との統合など多数の新機能が搭載されています。Internet Explorer 9 の詳細については次のページを参照してください。

    ユーザーのブラウジング環境をより安全な最新の状態とするため、Microsoft は Internet Explorer 9 を重要な更新プログラムとして Windows Update (Microsoft Update) および自動更新 (Auto Update) 経由で配信しています。ですが Internet Explorer 9 は Internet Explorer 8 などの旧バージョンと比較すると大幅に改善されているため、仕様変更などが原因により一部の Web サイトの表示や Web アプリケーションの動作に問題を引き起こす可能性があります。

    この設定を有効にすると、Windows Update (Microsoft Update) や自動更新を経由した Internet Explorer 9 の自動配布が無期限にブロックされます。Internet Explorer 9 が自動的に配信されないようにすることで、旧バージョンの Internet Explorer 環境との互換性が十分に検証されるまで Internet Explorer 9 のダウンロードやインストールを保留することができます。

    ※ この設定を有効にしても Windows Vista では Internet Explorer 8 の自動配布はブロックされません。なお Windows 7 には標準で Internet Explorer 8 が搭載されています。

    ※ この設定では Internet Explorer 9 の自動配布のみがブロックの対象となります。Microsoft ダウンロードセンターや CD/DVD などからの、ユーザー操作による Internet Explorer 9 のインストールはブロックされません。

    スクリーンショット

    Windows Internet Explorer 9

    Windows Internet Explorer 9

    Windows Update – Windows 7 用 Internet Explorer 9

    Windows Update - Windows 7 用 Internet Explorer 9

    Internet Explorer 9 Blocker Toolkit

    Microsoft が提供する Internet Explorer 9 Blocker Toolkit (自動配布の無効化ツールキット) は Windows Update (Microsoft Update) や自動更新による Internet Explorer 9 の自動配布を無効化します。このツールキットを使用すると、この設定項目と同等の効果が得られます。

    参考リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。