var _gaq = _gaq || []; _gaq.push([\'_setAccount\', \'UA-13211647-1\']); _gaq.push([\'_trackPageview\']); (function() { var ga = document.createElement(\'script\'); ga.type = \'text/javascript\'; ga.async = true; ga.src = (\'https:\' == document.location.protocol ? \'https://ssl\' : \'http://www\') + \'.google-analytics.com/ga.js\'; var s = document.getElementsByTagName(\'script\')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s); })();

ヘルプ:Win高速化 の画面構成

Win高速化 のメイン画面の構成について説明します。

Win高速化 の画面構成

Win高速化 のメイン画面は以下の 6 つの要素から構成されています。

タイトルバー

Win高速化 の画面構成 - タイトルバー

タイトルバーでは次のような操作を行うことができます。

ドラッグ移動
タイトルバーのドラッグ&ドロップでウィンドウを移動する。
[最小化] ボタン
ウィンドウが非表示になりタスクバーに収納される。
[最大化] / [元に戻す (縮小)] ボタン
ウィンドウが全画面で表示される。[元に戻す (縮小)] ボタンをクリックすると、ウィンドウが以前のサイズに戻る。
[閉じる] ボタン
ウィンドウを閉じてアプリケーションを終了する。
シングルクリック
ウィンドウのアクティブ化。ウィンドウが最前面に表示される。
ダブルクリック
タイトルバーのダブルクリックで [最大化] / [元に戻す (縮小)] ボタンと同様のウィンドウ操作、プログラムアイコンのダブルクリックで [閉じる] ボタンと同様のウィンドウ操作となる。
システムメニュー
プログラムアイコンのクリックまたはタイトルバーの右クリックで表示されるメニュー。基本的なウィンドウ操作 (移動、サイズ変更、最小化、最大化、閉じるなど) を行える。

カテゴリパネル

Win高速化 の画面構成 - カテゴリパネル

カテゴリパネルには以下の 5 つのカテゴリボタンが配置されています。

カテゴリボタンをクリックすると、対応するカテゴリに属する設定項目一覧がチェックリストボックスに表示されます。

操作パネル

Win高速化 の画面構成 - 操作パネル

操作パネルでは次のような操作を行うことができます。

[高速化] ボタン
チェックリストボックスでチェック状態が変更された設定項目を対象として、Windows の設定を変更する。
[システムの復元] ボタン
Win高速化 の初回起動時に Win高速化 独自のバックアップ・復元機能である自動バックアップを有効にした場合は [復元するバックアップ ファイルを開く] ダイアログを表示する。
自動バックアップを無効にして [システムの復元] を利用するように設定した場合は [システムの復元] を起動する。
[終了] ボタン
Win高速化 を終了する。

チェックリストボックス

Win高速化 の画面構成 - チェックリストボックス

チェックリストボックスにはカテゴリパネルで選択されたカテゴリに属する設定項目一覧が表示されます。

チェックリストボックスでは次のような操作を行うことができます。

設定項目の選択
選択した設定項目に関する解説文が解説ブラウザーに表示される。
チェック / チェックをはずす
設定項目の左端にあるチェックボックスをクリックして、設定を変更する項目を指定する。
設定項目名のコピー
選択されている設定項目名を右クリックからコピーできる。
チェックリストボックスのサイズ変更
解説ブラウザーとの境界 (スプリッター) をドラッグすると、チェックリストボックスの高さを変更できる。

チェックリストボックスの設定項目が通常とは異なる状態で表示される場合については設定項目の状態と表示スタイルを参照してください。

解説ブラウザー

Win高速化 の画面構成 - 解説ブラウザー

解説ブラウザーにはチェックリストボックスで選択された設定項目に関する解説文が表示されます。

解説文は HTML で記述されているため、Web ページのように画像やリンク、強調表示などを用いて分かりやすく表示されます。外部リンクをクリックすると標準の Web ブラウザーで表示されます。

※ 解説ブラウザーは Internet Explorer 相当のコントロールとなります。たとえば解説ブラウザーを右クリックすると、Internet Explorer と同等のコンテキストメニューを利用することができます。

ステータスバー

Win高速化 の画面構成 - ステータスバー

ステータスバーでは現在の状況が示されます。

ステータスメッセージ
次のようなメッセージが表示される。

  • マウスポインターの下にあるボタンの説明 (Tips 文字列)
  • 解説ブラウザーのステータスメッセージ (ページの読み込み状況やリンク URL など)
  • 実行中の処理内容 (設定の変更、復元ポイントの作成)
プログレスバー
実行中の処理 (設定の変更、復元ポイントの作成) の進捗状況。
[未チェック / 全項目]
未チェックおよび全ての設定項目数。設定を変更すると [未チェック] の値は更新される。

またステータスバー右端のリサイズハンドルをドラッグすると、ウィンドウサイズを変更することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。