• ヘルプ:Win高速化 の使い方

    Win高速化 の使い方について簡単に説明します。このヘルプでは Win高速化 を起動して Windows の設定を変更するまでの手順を紹介します。


    Win高速化 のインストールによってデスクトップやスタートメニューに作成される Win高速化 のショートカットを実行します。

    Win高速化 のショートカット (デスクトップ)

    ※ Win高速化 のインストール方法については Win高速化 のインストール方法をご参照ください。


    「ユーザー アカウント制御」ダイアログ (昇格のプロンプト) が表示されます。Win高速化 は管理者権限で実行する必要があるため [はい] ボタンをクリックします。

    ユーザー アカウント制御 - Win高速化

    ※ 管理者権限を持たないユーザーの場合、「ユーザー アカウント制御」ダイアログで管理者アカウントのパスワードを入力する必要があります。なお Win高速化 は基本的に管理者権限を持たないユーザーによる利用は想定していません。

    ※ 「ユーザー アカウント制御」が無効な場合や、「ユーザー アカウント制御」機能が搭載されていない Windows (98, Me, 2000, XP など) では、「ユーザー アカウント制御」ダイアログは表示されません。


    Win高速化 の初回起動時は「ようこそ画面」が表示されます。[はい] ボタンをクリックして Win高速化 の自動バックアップ機能を有効にします。

    Win高速化 - ようこそ画面

    ※ 「システムの復元」機能が搭載されていない Windows (98, Me, 2000 など) では「ようこそ画面」は表示されません。


    Win高速化 のメイン画面が表示されます。メイン画面では次のような操作を行います。

    • 画面左上に並ぶ [システム] 〜 [その他] ボタンから、高速化したいカテゴリを選択する
    • 画面右上のリストボックスから、高速化したい設定項目を選択する
    • 画面右下の解説ブラウザーには、選択された項目の設定内容に関する詳しい解説が表示される

    Win高速化 - メイン画面

    ※ Win高速化 で設定することのできる全ての項目については Win高速化 に搭載されている設定項目一覧をご参照ください。


    ここでは例として、次の設定項目を有効にします。

    カテゴリ
    エクスプローラー
    設定項目
    作成されるショートカットの名前に「 – ショートカット」を付けない

    1. [エクスプローラー] ボタンをクリックして、「エクスプローラー」カテゴリの設定項目を表示する

    2. 設定項目一覧から『作成されるショートカットの名前に「 – ショートカット」を付けない』を選択する

    「エクスプローラー」カテゴリの選択

    3. 解説ブラウザーに表示される解説を読み、設定を変更した場合の効果や影響などを確認する

    4. 設定項目横のチェックボックスをクリックしてチェック状態を切り替える。設定を有効にする場合はチェックを付け、無効にする場合はチェックをはずす。

    設定項目のチェック


    [高速化] ボタンをクリックします。

    [高速化] ボタンの実行

    実際に設定を変更するか確認されます。[はい] ボタンをクリックして設定変更を行います。

    メッセージ - 設定変更の確認

    ※ 設定項目のチェック状態を一つも変更していない場合は、次のようなメッセージが表示され何も行われません。

    メッセージ - チェック状態の変更なし


    設定変更が完了すると次のようなメッセージが表示されます。[OK] ボタンをクリックします。

    メッセージ - 設定変更の完了

    Win高速化 を終了して Windows を再起動し、Win高速化 で変更した設定を反映させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。