• AnimateImage 1.1.3 公開

    AnimateImage version 1.1.3 を公開しました。

    ※ アニメーションサイクル間に任意の空白画像が表示される

    概要

    AnimateImage は複数の画像をアニメーション GIF のように連続表示する JavaScript ライブラリ。

    ※ 詳細は AnimateImage 公式サイトを参照。

    前バージョン (1.1.1) からの変更点

    • options.blankPath オプションを追加。空白画像のファイルパスを任意に指定できる。デフォルト値は data:url による空白の GIF 画像。IE7 以前は data:url に未対応。
    • options.stretchBlank オプションを追加。空白画像を引き延ばすかどうかを指定する。空白画像は false なら画像本来のサイズで、true なら最後の画像と同じサイズで表示される。デフォルト値は true。
    • img 要素の data-* 属性で指定した “false” が true と評価されるバグを修正
      • 変更前:属性が空文字列または省略された場合のみ false (“false” は true)
      • 変更後:”true”, “yes”, “on”, “1” の場合は true、”false”, “no”, “off”, “0”, “” の場合は false
    • 空白画像を「最初の画像」ではなく「最後の画像」のサイズで表示するように変更

    ダウンロード

    animate-image.min.js
    • v1.1.3, 2012-09-23, 6.0 KB
    • 無料ライセンス (個人かつ非営利、寄付歓迎)
    • 最適化された圧縮コード
    animate-image.js
    • v1.1.3, 2012-09-23, 24.2 KB
    • 商用ライセンス (500 円)
    • コメント付きの非圧縮コード
    • 有償サポート (技術的な質問やカスタマイズなど)

    過去のリリース情報

    Post Tagged with

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。