• AnimateImage version 0.6.4 公開

    AnimateImage version 0.6.4 を公開しました。

    サンプルアニメーション (最後の画像で終了)
    サンプルアニメーション (最初の画像で終了)

    ※ 1 つ目のアニメーションが最後の画像 (9.png) で、2 つ目のアニメーションが最初の画像 (1.png) で終了する。

    概要

    AnimateImage は複数の画像をアニメーション GIF のように連続表示する JavaScript コード。

    ※ 詳細は JavaScript: 複数の画像をアニメーション GIF のように連続表示する AnimateImage を参照。

    ダウンロード

    animateImage.min.js
    • v0.6.4.1, 2011-06-26
    • 無料ライセンス (個人かつ非営利、寄付歓迎)
    • 最適化された圧縮コード
    animateImage.js
    • v0.6.4.1, 2011-06-26
    • 商用ライセンス (500 円)
    • コメント付きの非圧縮コード
    • 有償サポート (技術的な質問やカスタマイズなど)

    ※ animateImage.min.js はパフォーマンスを重視して minify (コメントや空白が除去) されている。読みやすいようにフォーマットされたソースコードは animateImage.js を参照。

    前バージョン (0.6.3) からの変更点

    アニメーション終了時に最初の画像に巻き戻すかどうか (Animations.rewind) をアニメーションごとに設定できるようにするため animateImage() 関数の引数に rewind を追加。

    Post Tagged with

2 Responsesso far.

  1. attosoft より:

    ※ Animations オブジェクトの仕様について

    version 0.6.3 では Animations オブジェクトの仕様が統一されておらず、設定値が参照されるタイミングが Animations.rewind はアニメーション再生中なのに対し、そのほかのプロパティはアニメーション開始前となっていました。そのためアニメーション開始後に Animations.rewind の値を変更すると、再生中のアニメーションに対しても値の変更が反映されていました。

    version 0.6.4 では Animations オブジェクトのプロパティの仕様を統一し、アニメーション開始前に設定した値を参照して、開始後に変更した値は反映しないようにしました。これにより Animations.rewind をアニメーションごとに設定できるようになりました。

  2. attosoft より:
    version 0.6.4.1
    animateImage() 関数の引数 rewind に false を指定するとデフォルト値 (Animations.rewind) で上書きされるバグを修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。